2020年03月11日

月は中2の理科の授業をとりあげます。学ぶことがてんこ盛りの授業です

 川崎学びの会の2月の月例会では中学2年の理科の授業をとりあげます。
 学ぶことがてんこ盛りの授業でっせ。

1. 日 時 2020年3月13日(金)18:30〜20:30

2. 会 場 川崎市高津市民館 第一会議室
      JR南武線「武蔵溝の口」駅
      東急田園都市線「溝の口」駅
      下車 徒歩数分。駅前にある丸井の入っているビルの11階

3. 内 容 中学校2年理科「分子はなぜそういう形をしているのだろう」

 「小中高校一斉休校要請」対応にさどかしご心労のこととお察し申し上げます。それ以上に保護者も苦労されていることと思います。
 でも、そんなときだからこそいっしょに考えてみませんか?
 4月からは「主体的・対話的で深い学び」を掲げる新指導要領が実施になります。その基本的な考えを知るほど、具体的にそうすればいいのかわからないで悩んでおられる先生がたくさんいらっしゃると思います。「おそる おそる」やってみて、その「おそる おそる感」に共感し、それぞれに「おそる おそる」やってみる。そういうことを積み重ねる中からしか展望は開けないと思います。
 川崎学びの会は、その「おそる おそる」やってみたことをいっぱい蓄積しています。素敵な学びであればそれだけ学ぶことがたくさんあります。
 「中学校の授業だから」「理科だから」などと世間を勝手に狭めずにいっしょに考えましょう。

なおこの先は
116回 4月18日(土)小学校2年算数「どっちが大きい」か
             中学校3年理科「スピーカーの原理」の
いずれかをとりあげます。どっちにするか「おそる おそる」「びくびく」しながら考えています

117回 5月26日(火)上記のいずれか。
118回 6月〇〇日(未定) 中1英語「canを使った表現」
119回 7月〇〇日(未定) 中1保健「ストレス」
120回兼第9会共催研修 8月8日(土)川崎市総合教育センターとの共催研修

 現在、授業事例を募っています(募集しています)
 なお、小学校の授業事例として新潟の先生をお招きしたいと「おそる おそる」考えているところです。しかし、新潟から授業者をお招きする件について、なかなかご意見がいただけず困惑しているところです。
 
 ついでながら、季節性インフルエンザによる死亡者数のグラフを添付しておきます。危機への対応に関する考え方についての記事も添付しました。世界中がパニックになっている事態にちょっと距離をおいて考えてみてはどうでしょう。
 また、私たちの社会が極めて脆弱なことを痛感させられています。

1. デマや噂が高速で広範囲に伝播する
2. 生活基盤にかかわるモノの自給率が極めて低い 
・マスク、消毒用アルコールの自給率の低さ
・食料自給率の極度の低さ
などはその好例です。

 文責 川崎学びの会 顧問 馬場英顕
posted by 川崎学びの会 at 17:43| Comment(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。