2018年08月04日

報告します。第95回「川崎学びの会」 報告 SV 馬場英顕先生

第7回共催研修会のご案内

最初に9月23日(日)に川崎市総合教育センターと川崎学びの会が共同開催する「第7回 共催研修」会にお知り合いの先生方共々ご参加くださるようお願いします。

「主体的・対話的で深い学び」とスローガンを叫ぶだけでは何も変わりません。

ぜひ一緒に学びましょう。申込み方法については後日に別途お知らせします。

当アドレス宛に

  1. お名前 A所属 B希望される分科会(小、中、高等学校)を

明示してお送りくださるのがもっと簡単ですが・・・。

 

 95回川崎学びの会の報告

7月27日(金)に開催した第95回川崎学びの会の報告をします

事前に申し込みをいただいている方にはその日のまとめのパワーポイントの資料を添付しました。ネットにのせる都合で子どもたちが特定できる可能性のある写真はすべてボカシてあります。

なお、次回からも報告を希望される方は事前にその旨をお知らせください。報告するのは、あくまで月例会にご参加していただけるよう働きかけることを目的としていたのですが、あまり効果がなさそうですので共に学びたいという方に限定させていただきます。

 7月27日(金)は久しぶりに20名をこえる参加者があり、内容もとても充実していました。

授業の事例研究はその授業における子どもの姿から学ぶ

・子どもの発言、着想、つぶやき、エピソードを発見する

・発言、着想、つぶやき、エピソードの意味解釈を交流し学び合う

・その授業のどこに学びをさらに深める可能性があったかを学ぶ

・長い経験(児童・生徒・学生として。教師として)からついとってしまう「てだて」を見直し、子どもの学びをさらに深める「芽」をみつけ、それぞれに自分の普段の授業を見直す

・授業者自身が、自分の授業にあった可能性に気づき、「芽」がどこ にあり、それにどう対処すればよかったのかを学ぶところに意義があるのだと私は考えています。

今回は小学校6年生の算数の「円の面積」の授業です。

求積公式を導く(といってもかなり無理があるのですが・・・)授業にはよく出会います。しかし、この授業は違いました。正方形の各辺を直径とする半円を正方形の内側に描いたときにできる「花びら」ふうの図形の面積の求め方について考えました。

全体を模様のように眺めていたのでは課題解決の糸口はみえません

重なり合う図を分解し、ほぐしていくことが不可欠です。

図をいくつも配り、折ったり、切ったり、重ねたり、思いついたことを試すことができるように配慮されていることが、子どもたちの「大胆な」探究活動と対話をうながしていたところにまず目をひきました。

やがて「正方形の1/4の部分で考えればいいんだ」と気づいた子がいました。「正方形を半分にした長方形で考えればよい」ことに気づく子も出てきました。

しばらくすると、正方形と1/4円を重ねて余ったところに注目し,「この先がわからない」という子が出てきました。1/4円と直角二等辺三角形を重ねて、はみ出した三日月のような形に注目した子も出てきました。

いずれも「ここまでは分かったが、その先が分からない」と発言しました。

ここです。ここに問題解決に至る「芽」が出ているのです。そこをグループにもどし、問題の核心に焦点を当てていくと、探究がさらに深まっていくところです。

ところが、そこに教えなければ、教師が導かなくては、一時間でまとめなければ等々の伝統的な考えが出てきました。問題の核心に焦点が絞られたところでグループにもどすと学びはさらに深まったのではいかと考えさせられました。「もったいない」ことです。

それにしても、取り組み始めて2年目でこういう実践が生まれてきたこと自体が素敵です。

今後を期待したいものです。なんだか新聞の社説みたいな話になってしまいました。

 

事前に希望いただいている方は添付のPPをご覧いただければ、もっと具体的に感じていただけるのではないかと思います。

 報告 SV 馬場英顕

                 

posted by 川崎学びの会 at 10:36| Comment(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。