2020年02月02日

充実した研究会になりました 113回川崎学びの会の報告

 初めて土曜日に川崎学びの会を開催してみました。
 ひさしぶりに20名近い参加者があり、とても充実した研究会になりました。この先も、時々土曜日開催をしたいと思います。ただ、土曜日は利用希望が多くて会場を押さえるのがむつかしいのが悩みです。

 113回の月例会で取り上げたのは横須賀市の中学校2年生の英語の授業です。There is/are〜を使った表現を学ぶ all English の授業です。教師になって2年目の先生とALTによるコラボが生きた授業です。最近はAll English の授業によく出会います。しかし、みんなが学びに参加しているall Englishの授業にはなかなか出会いません。この日の授業ではそこが違います。
 詳しくは、その日にコメントしたPPを(ご希望いただいている方には)添付しておきますのでごらんください。
(こちらのブログ記事には添付しておりません。ご了承ください。)

 終始、どの子も夢中で学び続けていました。
 それには理由があります。
 授業が始める前:ALTが前方の席に座っている子に話しかけました。声をかけられた子とその隣の子は、物おじすることなく「談笑」しています。
 もちろん英語で
 授業が始まった時のALTも印象的です。目にとまった子をファーストネームで呼びながら声をかけていきます。二番目に声をかけられた子はちょっと「元気」そうな子です。「ヘアースタイルを変えたね」「似合っているよ」と声をかけました。それもあって、その子は最後までよく学んでいました。
 11月という季節もあって、二人ともマスクをしていましたが、顔を判別できるのにも感心させられました。きけば、そのALTは全生徒の名前を憶えているのだとか。すごい!
 続いて、前の週にあった職業体験学習についてALTが子どもたちに話しかけました。学校にくるのと、仕事に行くのとどっちが好き?と挙手を求めました。定型的な挨拶で始まる授業とは違います。
 次に授業者が「英検3級に挑戦しよう」と家庭のリビングのイラストを見せ、それを見て there is/are〜や be going to〜を使って、グループ内で順に説明していきます。最初に発話する子はイラストにある一つのことを述べ、次の子は最初の子が言ったことを繰り返し、そこに自分が気づいたことを付け足していきます。4番目に回ってきた子はちょっと大変。3人が言ったことを繰り返してから、自分が気づいたことを言わなければならないからです。聴いて、覚えて、発話する。ボケてきた私にはなかなかむつかしいことです。
 後半は「漢字当て」の課題に取り組みました。子どもたちはさらに夢中になっていきます。ALTが注目した漢字を英語で説明し、それがどんな漢字のことをさしているのかを推定するのです。

 例題は
 There are three hints.
 There are five lines.
 There are three Horizontal lines.
 There are two vertical lines.
 答えは「正」という漢字。
・「大、犬、太」から説明されている漢字を選ぶ
・「国、因、固、困」の中から説明されている漢字を選ぶ
・「雨、雲、雷、電、震」の中から説明されている漢字を選ぶ
・最後は選択肢なしで漢字「玉」を推定する課題が課されました。
 その説明の中で繰り返し there is/are が使われます。子どもたちはそれぞれに聴き取れたことをもとに身を乗り出すようにして相談し、「なんて言ったの?」とたずね、聞き取れないことがあると 事前に確認した
 One more please.
 Can you say it again? という言い方でALTに再説明を催促しています。
「聴き合う関係」が育っていることがその過程を支えていることがよくわかります。逆にまた、この授業が「聴き合う関係」を育ててもいます。
 この教室には学びからそれそうな子もいます。ざっと見渡して5,6人はいそうです。それがこの教室では、支え合うことでみんな最後まで楽しそうに学んでいます。同じグループの子が、そっとワークシートに視線を送るだけで虚ろになっている子が学びに戻ってくるという場面もありました。学びの心地よい場が出来上がっていて安心できます。
 最後は、Tシャツにどの漢字をプリントすることを薦めるかを考え、Which kanji do you recommend to Bary?(BaryはALTの名前)と問いかけて漢字を選び、薦めるために英文でどう言えばよいのかを考え、ペアでやってみます。このとき「recommendって何?」というささやく声が聞こえました。この授業では、習っていない単語がいくつか登場しています。教科書に限定しないから経験できる学びです。
 参加者のリフレクションもとても充実していました。子どもたちの学びの姿がよく記録されているビデオが充実したリフレクションを支えてもいるんだなあと自画自賛。収録したのは私です。だって、だれも誉めてくれないだもん。
 参加者からは、最後には、子どもたちが想定した漢字を英語で説明し、ALTがその漢字を当てるという機会をつくってもいいんじゃないかという指摘もありました。なるほど。それもありですね。漢字を画数や「へん」と「つくり」など、漢字の形成からみる見方と、一つのパターンとしてとらえ、それを構成するパーツから説明する考え方の違いがさらにくっきり浮かぶかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 次回は2月13日(木)18:30〜 高津市民館第一会議室で開催します。取り上げるのは 小6国語「川とノリオ」を読む授業です。第18回「学びの共同体研究大会」の全大会で取り上げられた授業です。近々、そのテキストとプロトコル(会話記録)をお送りします。事前に読んでおいていただけると、充実したリフレクションができるのではないかと思います。
 なお「川とノリオ」は教育出版の教科書に掲載されています。また、先日学んだ新潟の呉井先生の小2国語「かさこじぞう」の授業を思いだしておいていただくとさらに深まるのではないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 文責 SV馬場英顕
posted by 川崎学びの会 at 11:07| Comment(0) | 月例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする